FOLLOW US

モウリーニョがアザールを評価「試合に足跡を残そうとしている」

モウリーニョ監督がアザールのプレーについて語った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第15節が7日に行われ、ストークとチェルシーが対戦。チェルシーは2-3で逆転負けを喫した。

 試合後、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が敗戦を振り返り、所属選手について語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は、「ストライカーの後方で、(エデン)アザールや(フアン)マタ、(アンドレ)シュールレがとても良いプレーを見せていたし、たくさんのチャンスを作っていた。チームがとても良いプレーを見せていて、楽な状態の時は(得点を決めて)試合を終わらせなければいけない。通常はそれができるものだが、この試合ではできなかった」と、敗戦を振り返った。

 そして、ベルギー代表MFエデン・アザールについて、「メンタリティが変わっている様子も見ることができた。アザールのプレーから、そういうものを見ることができる。彼は、もう左から右に、右から左にはドリブルしない。彼はDFに対して仕掛けていくし、得点を挙げたり、ラストパスを出そうとトライする。彼は試合に足跡を残そうとしているんだ」と、コメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA