FOLLOW US

敗戦を振り返るモウリーニョ「ミスを犯して失点した」

モウリーニョ監督がストーク戦を振り返った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第15節が7日に行われ、ストークとチェルシーが対戦。チェルシーは2-3で逆転負けを喫した。

 試合後、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「30分を過ぎた段階で、我々は3-0か4-0でリードしているべきだった。しかし、そうはならなかった。試合の序盤はすばらしいプレーを見せていた。ストライカーの後方に入った3人の選手がとても良いプレーを披露していた。それでも、我々は得点することができなかった。その状態で、守備のミスを犯して失点した。多くの得点を決めることができないなら、守備のミスを犯してはいけない。問題は得点できなかったことだ。そして、明らかなミスで失点したことだ」

「このチームは、複数得点を決めなければいけないチームだ。優れたフットボールを展開したことの成果を利用しなければならないチームなんだ。フィジカル的に強力なチームではないし、フィジカルが強力なチームを相手に、守れるコンディションにあるチームではない。だから我々は、主導権を握っている間に得点しなければならないんだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA