2013.12.05

打ち合い制したモウリーニョ「アウェーでのベストパフォーマンス」

モウリーニョ
モウリーニョ監督がサンダーランド戦を振り返った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第14節が4日に行われ、サンダーランドとチェルシーが対戦。ベルギー代表MFエデン・アザールの2ゴールなどで、4-3で競り勝った。チェルシーは首位アーセナルと勝ち点差4の2位をキープした。

 試合後、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は、「我々はすばらしい試合を見せた。アウェーでのベストパフォーマンスだった。トップレベルのクオリティを示したし、フェルナンド(トーレス)の後方の3人はすばらしい創造性を見せた。そして、美しいゴールが決まった。4点目もすばらしいカウンターアタックだった」と、チームの戦いぶりを称賛した。

 サンダーランドの印象については、「優れたチームで、優れたフットボールを展開する。優秀なスピリットを持っていて、すばらしい観衆が支えている。ウイングがすばやく中へ入ってくる。私はこの試合が難しくなるとわかっていた。しかし、良いプレーをした時は、監督に頭痛を与えることなく快勝しなければならない」と、コメント。そして、「このリーグは、どのような結果も生まれる可能性がある。全てのポイントを、両手でしっかり掴まなければならないんだ」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る