2013.12.05

古巣に敗れ肩を落とすモイーズ監督「チャンスを決めていれば…」

モイーズ
マンチェスター・Uを率いるモイーズ監督 [写真]=Man Utd via Getty Images

 プレミアリーグ第14節が4日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uはエヴァートンと対戦し、0-1で敗戦した。昨シーズンまで率いていた古巣との一戦に敗れ、マンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督は肩を落としている。クラブ公式HPが伝えた。

 試合を振り返ったモイーズ監督は「試合を通して、我々が上回っていたように感じている。だが、求めていた結果を残すには、少しばかり運が必要だったのだろう。チャンスを決めていれば、展開は劇的に変わっていたはずだ」と語り、悔しさを滲ませた。

 また、同監督は「DFラインをはっきりさせられなかったことは残念だ。ゴールを与える直前から相手に攻勢を許してしまった。とにかく前を向いて、進んでいくしかない。すぐに試合があるのは良いこと。次に向けて集中したい」と気持ちを切り替えていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る