2013.12.04

マンU指揮官が香川の残留を熱望も「移籍するとすればそれは…」

香川真司
レヴァークーゼン戦ではモイーズ監督からも称賛された香川 [写真]=Bongarts/Getty Images

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるデイヴィッド・モイーズ監督は、日本代表MF香川真司の残留を熱望した。ただ一方で移籍の“選択肢”について言及している。『SportsDirect News』が報じた。

 香川はシーズン開幕当初、満足な出場機会を得られていなかったことで移籍のうわさが浮上。周囲ではドルトムントへの復帰話が根強く報じられるなど、去就が注目されている。

 もっとも、最近ではスタメンに名を連ねることが多くなり、チャンピオンズリーグのレヴァークーゼン戦で5―0での快勝に貢献した際には多くの称賛を集めた。

 モイーズも香川の重要性を認め、「我々はシンジに残ってほしい。もちろんだよ」とコメント。放出を希望しないと明言した。

 ただ一方で、「もし彼が出ていくとしたら、このクラブにとってダメージが最小限になる移籍先でないといけない」と続け、香川が退団の意向を示した場合、移籍先は国外のクラブになるだろうとの見解を示した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る