FOLLOW US

チェルシーのモウリーニョ監督が展望「最初の目標はトップ4入り」

モウリーニョ監督(右)が展望を語った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第13節が1日に行われ、チェルシーと日本代表DF吉田麻也、FW李忠成の所属するサウサンプトンが対戦。3-1でチェルシーが勝利を収めた。ベンチ入りした吉田に出場機会はなく、李はベンチ外だった。

 試合後、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督がチームの現状と今後の展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は、「選手たちは、徐々に、私の考えや私のメンタリティ、責任を負う感覚や『12月の段階でタイトル争いから脱落することはできない』という感覚を理解している。選手たちは、チェルシーのためにプレーするという責任を感じなければならない」と、チームについてコメント。「5連勝したいとかリーグ首位になりたいと言うことはできない。私はただ、彼らと一緒に働くことを望む。若手選手を育てて、チームを育てたい。それができれば、我々はそこ(首位)にいるだろう。選手たちが学ぶ必要があるものの1つが、責任感に対処する方法だ」と、話した。

 そして、「6つの優勝候補がいて、チャンピオンズリーグ出場権が4つなら、それ(チャンピオンズリーグ出場権)を手にすることが最初の目標だ。その後、自動的にチャンピオンズリーグのグループステージに出場することや(リーグ)チャンピオンになることを考えられる。最初の目標は、トップ4に入って、そこに残ることだ。それはクラブの信頼や財政面のために重要だ。このリーグでは、2回負ければ7位や8位に転落してしまう。だから、ハードだよ」と、今後の展望を語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA