FOLLOW US

チェルシーDFケーヒル「ゴールで貢献できるならボーナスになる」

同点弾を決めたチェルシーのケーヒル(左) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第13節が1日に行われ、チェルシーと日本代表DF吉田麻也、FW李忠成の所属するサウサンプトンが対戦。3-1でチェルシーが勝利を収めた。ベンチ入りした吉田に出場機会はなく、李はベンチ外だった。

 試合後、チェルシーのイングランド代表DFガリー・ケーヒルが、自身の得点を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ケーヒルは、CKから挙げた同点弾について、「無失点をキープしようとすることが重要だ。でも、もしゴールでチームに貢献できるなら、それはボーナスになるよね。僕や(ブラニスラヴ)イヴァノヴィッチ、(ジョン)テリー、ダヴィド(ルイス)といった選手たちは、昨シーズンはそういう面でもたくさん貢献していた」と、コメントした。

 そして、「うまくいけば、今シーズンも同じように(DF陣が得点を挙げて貢献することに)なるよ。最後に得点してからしばらく時間が経っていたから、この試合で同点ゴールを決めたことは本当にうれしかったよ」と、話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA