2013.11.25

6失点大敗…困惑のヴィラス・ボアス監督「恥じなければいけない」

ヴィラス・ボアス
トッテナムを率いるヴィラス・ボアス監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムを率いるアンドレ・ヴィラス・ボアス監督が、6失点大敗に肩を落とした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 24日に行われたプレミアリーグ第12節でマンチェスター・Cと対戦したトッテナムは、試合開始13秒で失点を許すと、その後は守備陣が崩壊。0-6で大敗を喫した。ヴィラス・ボアス監督は「この結果には困惑している。我々は高い目標を置いているから、ライバルに対して今回のような結果に終わるのは厳しい。ゲームプランや信念、モチベーションは開始13秒の得点に影響を受けた。悪い結果だ。恥じなければいけない」と語り、予想外の大量失点に戸惑いを隠せない様子だった。

 その一方で、同監督は「幸いなことに多くの試合が残されている。我々の力を示さなければいけない。過ちを確認し、少し反省したい」と述べ、次戦に向けて気持ちを切り替えようとしていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る