FOLLOW US

マンU指揮官、終了間際の失点に落胆「FKを与えてはいけない」

カーディフ戦の結果に肩を落とすモイーズ監督(C)ManUtd.jp

 プレミアリーグ第12節が24日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uはカーディフと対戦し、2-2で引き分けた。試合を振り返ったマンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督は、試合終了間際の失点に落胆している。クラブ公式HPが伝えた。

 マンチェスター・Uは2-1とリードしていた後半アディショナルタイムに、韓国代表MFキム・ボギョンに同点ゴールを与えて勝利を逃した。モイーズ監督は「勝ち点3を奪うことができず残念だ。愚かにもFKを与えてしまい、それが失点に繋がった」と述べ、悔しさを滲ませた。

 また、モイーズ監督は「失点シーンに目を向ける必要がある。簡単にFKを与えてはいけない。我々はFKに対する守備が全くできていなかった」とコメント。試合終盤の戦い方に不満を見せていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA