FOLLOW US

アーセナルが首位堅持…サウサンプトンは今季初の複数失点で2敗目

サウサンプトンのGKボルツ(右)からボールを奪い、先制点をもたらしたジルー(左) [写真]=Arsenal via Getty Images

 プレミアリーグ第12節が23日に行われ、日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルと、同代表DF吉田麻也、FW李忠成が所属するサウサンプトンが対戦。吉田はベンチスタート、宮市と李はベンチ外となり欠場した。

 首位アーセナルのホームに、勝ち点差3で3位につける今シーズン好調のサウサンプトンが乗り込んだ一戦は、22分に動く。味方からのバックパスを受けたサウサンプトンのGKアルトゥール・ボルツが処理をもたつくと、追い立てたオリヴィエ・ジルーがボールを奪い、無人のゴールに流し込んでアーセナルが先制する。

 その後、両チーム得点を挙げることなく迎えた86分、PKを獲得したアーセナルはジルーがきっちりと決めて、勝負を決定づける2点目を獲得。2-0でアーセナルが勝利した。なお、吉田に出場機会はなかった。

 前節、マンチェスター・Uに敗れたアーセナルだが、勝ち点3を積み上げて首位をキープ。今シーズン、ここまで5失点と堅守を誇っていたサウサンプトンは初の複数失点で、8月31日のリーグ第3節、ノリッジ戦以来となる2敗目を喫した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA