2013.11.23

アーセナル指揮官「ウォルコットは他の選手とは違うタイプ」

ヴェンゲル
ウォルコットについて語るヴェンゲル監督 [写真]= Arsenal FC via Getty Images

  日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が23日に行われるプレミアリーグ第12節のサウサンプトン戦を控え、前日の記者会見でチームの攻撃陣について触れた。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 ヴェンゲル監督は、チームのストライカー事情について、「(ルーカス)ポドルスキは戦線離脱中だが、もうすぐ帰ってくると思う。(セオ)ウォルコットは、動き回るストライカーとしてプレーできる。もし、(オリヴィエ)ジルーが負傷した場合、(ニクラス)ベントナーを除けば、体を張ることができるフォワードはいなくなってしまう。ベントナーはプレー可能だ。しかし、現段階では少し試合勘が足りていない。また彼が残留したいのか、出ていきたいかがわからない」と明かした。

 続けて、ウォルコットについて「他の選手が持っていない、異なる質のプレーでチームに貢献する。違うタイプのオプションだ。アーセナルにはボールを持ちたがるタイプの選手がたくさんいる。だから、1人か2人は裏に走って、スペースを作る動きをする選手が必要だね」と語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る