FOLLOW US

オスカルはレアル移籍直前だった「モウリーニョが欲しがってくれた」

チェルシーMFオスカル [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するブラジル代表MFのオスカルが、レアル・マドリードへの移籍の可能性があったことを明らかにした。『スカイスポーツ』が報じている。

 オスカルは2012年の夏にチェルシーへ移籍した。しかし、チェルシーと契約を結ぶ前にはレアル・マドリードとも交渉を行ったという。

「チェルシーと契約する前、レアル・マドリードと合意間近になるまで話は進んでいたんだ。(ジョゼ)モウリーニョが僕を欲しがってくれたのさ」

 しかし、結局スペイン行きは実現しなかった。その理由は「選手層の厚さ」にあったようだ。「彼らとは(ブラジル代表対)デンマーク戦の試合前に話したんだ。僕にとっては彼らがたくさんのプレーメーカーを抱えていたことがネックだった。だからチェルシーとサインすることに決めたのさ」と明かしている。

 なお、移籍して1年後の今夏には、モウリーニョ監督がチェルシーへ復帰。今シーズンは指揮官のもと、プレミアリーグ全試合に出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO