2013.11.18

来年のW杯を見据え、アザールが同僚デ・ブライネに移籍を勧める

デ・ブライネ
リーグ戦わずか3試合の出場にとどまっているデ・ブライネ [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、十分な出場時間を確保できていないチームメートの同代表MFケヴィン・デ・ブライネについてコメントした。17日、『ESPN』が伝えている。

 今夏の移籍市場でチェルシーに復帰したデ・ブライネだが、今シーズンのリーグ戦ではわずか3試合の出場にとどまっている。同僚のアザールはデ・ブライネについて、「プレーできない状況なら、ここを去ったほうが良い」とコメント。「ワールドカップを前に、1年間プレーできないというのは非常に難しいことだと思う」と続け、ワールドカップを来年に控えた今、出場機会を得られない状況は好ましくないと語った。

 デ・ブライネは、レンタル移籍をしていたブレーメンから今夏に復帰。ベルギー代表には2010年から選出されており、通算18試合に出場し、4得点を記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る