2013.11.15

ミドルズブラの監督に就任したカランカ氏「自分の番がやってきた」

カランカ
ミドルズブラの指揮官に就任したカランカ氏(左) [写真]=Getty Images

 昨シーズンまでジョゼ・モウリーニョ監督の右腕としてレアル・マドリードのアシスタント・コーチを務めたアイトール・カランカ氏が、チャンピオンシップ(2部)のミドルズブラで指揮を執ることが明らかになった。同クラブは13日、カランカ氏を2015-16シーズンまでの2年半契約で新監督に迎え入れたことを発表した。

 今シーズンのチャンピオンシップで、ここまで3勝7分5敗で24チーム中16位に沈むミドルズブラは、先月21日にトニー・モウブレイ監督が不振の責任を取って辞任して以降は正式指揮官が不在となっており、レアル・マドリードを退団してフリーとなっていたカランカ氏に白羽の矢を立てた格好だ。

 ミドルズブラにとっては初の外国人監督、自身にとっては初のクラブチームの指揮と初物尽くしのカランカ氏は、今回のオファーを受けるに当たり、今シーズンからチェルシーで2度目の指揮を執るなど、イングランドのフットボールを良く知るモウリーニョ監督からアドバイスを貰っていたことを明らかにした。

「自分の出番がやってきたと感じている。その準備は万端だ。私はジョゼとレアル・マドリードで3年間に渡り仕事をし、彼からもチームからも多くの事を学んだ。日々サポートしてくれた彼は、レアル・マドリードを退団してからのここ数か月間も手助けしてくれた。そして今回、ここに来るよう自信をもって勧められた」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング