2013.11.13

チェルシー、1年前に解任したディ・マッテオに今も週2000万円を支払う

チェルシーの指揮を執っていたディ・マッテオ

 チェルシーが、ロベルト・ディ・マッテオ前監督に対し、現在も週13万ポンド(約2000万円)を支払っていることが分かった。イギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 イタリア人指揮官は2012年3月、アンドレ・ヴィラス・ボアス監督の解任に伴い、暫定監督に就任。そのシーズン、クラブに悲願だったチャンピオンズリーグのトロフィーをもたらした。その後、正式に監督として契約を結んだものの、同11月には成績不振を理由に解任されていた。

 しかし、契約は2014年6月までだったため、現在もクラブから週に13万ポンドを受け取っているという。

 最近になり、プレミアリーグで不振が続くフルアムがディ・マッテオに興味を示している。しかし、高額なサラリーを受け取っているディ・マッテオは次の仕事に就くことに消極的な様子。再び指揮官としての彼の姿を見るのは、少なくとも今夏を過ぎてからになりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る