FOLLOW US

ベンゼマにアーセナル移籍の噂…カギを握るのはスアレスの動向か

アーセナルが獲得に乗り出すと報じられたベンゼマ(左) [写真]=Getty Images

 イギリス紙『デイリーミラー』は、日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルが、来年1月の移籍市場でレアル・マドリード所属のフランス代表FWカリム・ベンゼマの獲得に乗り出すと報じた。

 同紙はアーセナルが2200万ポンド(約35億円)でベンゼマの獲得を目指していると報道。その一方で、レアル・マドリードがリヴァプールに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスの獲得を画策しているという噂に触れ、この移籍が成立するかどうかでベンゼマの去就は変化すると伝えている。

 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督はセンターFWの補強に狙いを定めており、ベンゼマは最適の人材となるが、同紙は移籍実現のカギはスアレスが握っていると主張していた。

 なお、1日にはイギリス紙『デイリースター』で、ベンゼマがスアレスとのトレードでリヴァプールへ加入する可能性も伝えられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA