2013.11.03

マンU指揮官がルーニーとファン・ペルシーに言及「進化している」

モイーズ
マンチェスター・Uを率いるモイーズ監督 (C)ManUtd.jp

 2日にプレミアリーグ第10節が行われ、フルアムと日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uが対戦した。試合は、オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーやイングランド代表FWウェイン・ルーニーなどのゴールにより、マンチェスター・Uが3-1で勝利を収めている。

 試合を振り返ったマンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督は、ファン・ペルシーとルーニーが見せたプレーに満足感を示した。クラブ公式HPが伝えている。

 モイーズ監督は「決して簡単な試合にはならないクレイヴン・コテージで勝ち点3を手にできて嬉しい。特に最初の20分は素晴らしい戦いを見せていた。内容には非常に満足している」と語り、序盤の戦いを高く評価。また、同監督はルーニーとファン・ペルシーについて「長い時間をともにプレーしている。2人の関係性は進化しており、非常に上手く機能している。互いが互いのチャンスを作った」と述べ、コンビネーションを称賛していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る