2013.11.03

上位対決を制したヴェンゲル「ビッグゲームで勝利できると示した」

ヴェンゲル
リヴァプール戦で指揮を執るヴェンゲル監督 [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、2日に行われたプレミアリーグ第10節のリヴァプール戦を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 首位のアーセナルは3位のリヴァプールを相手に2-0で勝利。ヴェンゲル監督は「道のりは長いが、私はいつだって自信を持っている。今日の試合では、特にディフェンスが素晴らしかった。(ダニエル)スタリッジや(ルイス)スアレスなどを封じていた」と語り、リヴァプールを完封した守備陣を称えていた。

 また、10月29日のキャピタル・ワン・カップ4回戦でチェルシーに喫した敗戦を払拭できたことについて、同監督は「(チェルシー戦の)結果には失望しているが、今日の試合では、我々がビッグゲームでも勝てることを証明した。本当に重要な勝利だったと思う」とコメントしている。

 暫定ながら2位のチェルシーと3位のリヴァプールに対して勝ち点5差のリードを奪っているアーセナルは、次節で日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る