FOLLOW US

敗戦を受け入れるリヴァプール指揮官「まだまだ道のりは長い」

リヴァプールを率いるロジャーズ監督 [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 プレミアリーグ第10節が2日に行われ、アウェーで日本代表FW宮市亮が所属する首位のアーセナルと対戦した3位のリヴァプールは0-2で敗れた。試合後、リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督がチームの更なる成長を誓った。クラブ公式HPが伝えている。

 ロジャーズ監督は「この結果には失望している。だが、より良い戦いを見せたチームに敗れた時は、受け入れなければいけない。最初の失点は十分にプレッシャーをかけることができなかった。2失点目を喫した場面はスペースを与えてしまった」とコメント。対戦相手であるアーセナルを称え、敗戦を認めていた。

 また、同監督は第10節を終えた現在までの戦いについて言及。「アーセナルとは勝ち点5差となった。だが、まだまだ道のりは長い。私は常にリーグ戦10試合が終わってから状況を分析できると考えている。我々は良いスタートを切った。4位以内を目指すという目標がある。大きな挑戦となるが、準備はできている」と述べていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA