2013.10.31

オーナー就任間近のベッカム「最初の監督はファーガソンかもね」

ともに第一線を退きながら、固い絆で結ばれている [写真]=Getty Images

 昨シーズン限りで現役を引退した元イングランド代表MFのデイヴィッド・ベッカム氏が、自身のフェイスブックにコメントを投稿した。

 マンチェスター・U時代の恩師であるアレックス・ファーガソン氏に関しては、「少年だった僕にプレーするチャンスをくれたファーガソンに、ネガティブな印象はないよ。僕にとっては、ファーガソン監督はプレーするチャンスをくれて、僕を信じてくれた人なんだ」と語った。

 また、「僕は今、MLS(メジャーリーグ・サッカー)関連の仕事をしているし、自分のクラブチームを設立しようとしている。もし監督を選べるなら最初の選択肢はファーガソンかもしれないけど、どうなるかもわからないし、彼も承諾してくれるかわからないね」と、冗談を交えながら語った。

 ベッカム氏は現在、マイアミに拠点を置くMLS新規参入チームの共同オーナー就任に向けて、最終交渉段階に入っていると報道されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る