2013.10.29

マンC戦決勝弾のトーレス「最初から最後まで信念を示さなければ」

フェルナンド・トーレス
決勝点を挙げたチェルシーFWフェルナンド・トーレス [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第9節が27日に行われ、チェルシーとマンチェスター・Cが対戦。終了間際にスペイン代表FWフェルナンド・トーレスが決勝点を挙げ、ホームのチェルシーが2-1で勝利を収めた。

 試合後、フェルナンド・トーレスが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 トーレスは、決勝点の場面を振り返って、「どんなボールでも、『試合においてとても重要なものになるかもしれない』と言ってくれるチームメートがいるんだ。これはその明らかな例だよね。ロングボールが飛んで来て、相手の意思疎通ができていなかった。その時はボールをゴールに沈めなければならないんだ」と、コメントした。

 そして、「信念は鍵となるものだ。このような小さなミスからゴールが生まれることもあるんだ。もし僕があのボールに向けて走っていなければ、僕はゴールを決めることができなかった。全ての試合で、最初から最後まで信念を示さなければならないんだ」と、語り、「大部分の時間、僕たちは試合を支配して、多くのチャンスを作った。僕たちは勝利に値していたんだ。リーグの優勝候補から初めて記録した勝利だから、僕たちは満足しているよ」と、勝利を振り返った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る