2013.10.29

劇的決勝弾でマンC撃破のモウリーニョ「相手に対して同情」

モウリーニョ
モウリーニョ監督がマンC戦を振り返った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第9節が27日に行われ、チェルシーとマンチェスター・Cが対戦。終了間際にスペイン代表FWフェルナンド・トーレスが決勝点を挙げ、ホームのチェルシーが2-1で勝利を収めた。

 試合後、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は、「まず最初に、私は相手に対して同情している。私は、終了間際の失点で敗れることがどれほどのことかを知っているからだ。しかしもちろん、我々にとってはすばらしい瞬間だった」と、劇的な試合内容を振り返った。

 そして、「前半の我々は、すばらしいチームを相手に見事なプレーを披露した。簡単なことではないよ。我々は相手よりも優れていた。前半に3点を決める可能性があった。試合を支配していたし、良いプレーを見せていたね。美しくプレーしていたよ」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る