2013.10.23

エルナンデス起用を示唆するマンU指揮官「多くの試合に出場する」

エルナンデス
マンチェスター・Uに所属するエルナンデス(右) [写真]=Man Utd via Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督が、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスの起用法について言及した。イギリス紙『デイリースター』が伝えている。

 マンチェスター・Uはオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが1トップを務めており、ポジションが重なるエルナンデスは今シーズンのプレミアリーグで先発が1試合と出場機会に恵まれていない。推定移籍金1500万ポンド(約23億6000万円)と言われている同選手が出場機会を求めて移籍するとの噂は以前から浮上しており、一部ではトッテナムが獲得に乗り出すと報じられている。

 この状況に対し、モイーズ監督は「今のところは問題などない。彼はシーズンが終了する頃には多くの試合に出場しているだろう」とコメント。今後はエルナンデスを起用する場面が増えることを明言していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る