2013.10.20

マンUキャリック、引き分けに「フラストレーションが溜まる」

キャリック
フラストレーションが溜まる試合だったと明かすキャリック (C)ManUtd.jp

 プレミアリーグ第8節が19日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uと同DF吉田麻也、FW李忠成の所属するサウサンプトンが対戦。1-1の引き分けに終わった。

 試合後、マンチェスター・Uのイングランド代表MFマイケル・キャリックは、以下のように試合を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 キャリックは、「フラストレーションが溜まるし、残念な結果だ。2点目が必要だった。チャンスは十分に作ったけど、相手のキーパーが素晴らしい活躍をした。悪いプレーではなかったんだ。ポゼッションで上回ることはできなかったけどね」と心境を明かした。

 また、「いい守備も披露できた。けど、相手はワンチャンスをものにした。ここ最近と同様に、また残念な結果になってしまった。自分達のイメージ通りの結果を残せていないから、フラストレーションが溜まるよ。でも、僕らは奮起して、この状況を変えなければならない」と、今後を見据えるコメントも残した。

 マンチェスター・Uは23日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節で、レアル・ソシエダとホームで対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る