2013.10.20

マンU指揮官、先制点演出のヤヌザイに賛辞「パスには驚かされた」

モイーズ
サウサンプトン戦を振り返ったモイーズ監督 (C)ManUtd.jp

 プレミアリーグ第8節が19日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uと同DF吉田麻也、FW李忠成の所属するサウサンプトンが対戦。試合は1-1の引き分けに終わった。

 試合後、マンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督が試合を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 モイーズ監督は、「今日のプレーなら、1点以上取れるようなプレーができていた。しかし、チャンスを何度もつくったが、うまく試合をコントロールできなかった」と反省点を語った。

 そして、「序盤に先制できたのは素晴らしかったね。アドナン(ヤヌザイ)のパスには驚かされたし、結果的にロビン(ファン・ペルシー)のゴールにつながった。追加点を決めるチャンスはあったが、バーに阻まれてしまった」と、フル出場したヤヌザイを称賛した。

 また、「挽回するために何をすべきかわかっている。次の(レアル)ソシエダ戦に向けて切り替えなければならない」と次戦に向けての意気込みも語った。

 マンチェスター・Uは23日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節で、レアル・ソシエダとホームで対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る