2013.10.19

ヴェンゲル監督、主将を高評価も「センターバックの変更は難しい」

フェルメーレン
アーセナルで十分な出場機会が確保できていないフェルメーレン [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、主将を務めるベルギー代表DFトーマス・フェルメーレンに言及した。クラブ公式HPが伝えている。

 ヴェンゲル監督はフェルメーレンについて、「我々のキャプテンであり、彼を高く評価している」と称した一方、「今のセンターバックのペアを変更することは難しい」とコメント。フランス代表DFローラン・コシールニーとドイツ代表DFペア・メルテザッカーのコンビを変えることは困難であると語った。「残念ながら、優れた選手が20人いる場合、9人はプレーすることができないんだ」と続けている。

 また、ヴェンゲル監督は一流選手について語るとともに、キャプテンを任せたフェルメーレンの姿勢を称賛している。

「ビッグプレーヤーはビッグプレーヤーとのプレーを好む。しかし、その欠点は常に自分がプレーできる保証がないということだ」

「(フェルメーレンを主将に任命した理由は)選手としても高く評価しているし、素晴らしい姿勢を持つからだ。彼の姿勢はファンタスティックだよ」

 フェルメーレンは今シーズン、リーグ戦1試合の出場にとどまっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る