2013.10.19

モウリーニョ監督が負傷者の状態を明かす…トーレスが起用可能に

トーレス
ひざの負傷により戦列を離れていたトーレス [写真]=Bongarts/Getty Images

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、19日に行われるプレミアリーグ第8節のカーディフ戦を前に、負傷者の状態を明かした。クラブ公式HPが伝えている。

 モウリーニョ監督は、戦列を離れていたスペイン代表FWフェルナンド・トーレスについて、「優れた献身性を備え、毎日懸命に取り組んでいた」とし、「彼は戻ってくる」とカーディフ戦で同選手が起用可能であることを明言した。

 また、肋骨の負傷により代表への参加を回避したイングランド代表DFのアシュリー・コール、代表戦で足を痛めたドイツ代表FWアンドレ・シュールレについては、以下のようにコメントしている。

「コールのけがは危険なものではないが、今も痛みが続いている。月曜に練習できるか確認し、(22日に行われる)チャンピオンズリーグのシャルケ戦に出場できるか見てみよう」

「シュールレに関しては、ワールドカップイヤーに頻繁に起こる問題だ。問題を抱えている選手であっても、代表チームでのプレーを望み、負傷とともにクラブに戻ってくる。彼にリスクを負うことはできないが、問題はない。我々には他にも選択肢がある」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る