2013.10.11

今夏の移籍騒動を振り返るルーニー「報道にも僕は落ち着いていた」

ルーニー
現在のコンディションに満足感を示したルーニー [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、退団が噂された今夏を振り返るとともに、現在の自身のコンディションに満足感を示した。クラブ公式HPが伝えている。

 ルーニーは昨シーズン、マンチェスター・Uの指揮官を務めていたアレックス・ファーガソン氏に移籍を志願。これを同氏が明かしたことにより、移籍の可能性が大きく報じられた。ルーニーの動向には多くのビッグクラブが関心を示し、8月末にはチェルシー移籍が取り沙汰された。ルーニーは、退団の可能性が報じられていた今夏を振り返り、「正直、夏の間は何も問題はなかったんだ。メディアはいろいろと言っていたけど、僕は落ち着いていた」とコメント。続けて、「フットボールに集中していたかったから、個人的には何も言わなかった。これからもそうするつもりだよ」と語り、周囲の反応に影響されることはなかったと話している。

 また、ルーニーはデイヴィッド・モイーズ監督の下、厳しい練習を積んだことで、現在は良いコンディションを保つことができていると語った。

「練習は本当に厳しい。長距離、短距離問わず、以前よりも走っているからね。でも、それが上手く返ってきているし、やった分だけフィットしていると感じられるんだ。フィットできているから、毎日トレーニングをしたいと思うしね。今はすごく気分がいいんだ」

 ルーニーは今シーズン、リーグ戦6試合に出場し、3得点を記録している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る