2013.10.09

精神面の成長を感じるFWスアレス「最近の試合は穏やかになった」

スアレス
冷静なプレーを心がけるスアレス(左) [写真]=Getty Images

 リヴァプール所属のウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、精神面の成長を主張した。イギリス紙『デイリースター』が伝えている。

 昨シーズンのプレミアリーグで、チェルシーに所属するセルビア代表DFブラニスラヴ・イヴァノヴィッチの腕に噛み付き、10試合の出場停止処分を受けるなど、スアレスは素行面が度々問題視されてきた。しかし、同選手は「最近の試合は穏やかになったと思う。冷静さを失わずに良いプレーを見せることが、僕自身を助けることに繋がると分かったんだ」と語り、ピッチ上での振る舞いが改善されていることを強調していた。

 さらにスアレスは「分かっている。今の状態を続けて、以前と同じことを繰り返さない」と付け加え、今後は問題を起こさないと約束した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る