2013.10.09

今夏にリヴァプール加入のDFサコ、パリSG退団の経緯を明かす

サコ
パリSGを退団した経緯を明かしたサコ(右) [写真]=Getty Images

 リヴァプールのフランス代表DFママドゥ・サコが、今夏の移籍を振り返り、パリSGを退団した経緯を明かした。8日、『スカイスポーツ』が伝えている。

 パリSGに所属していたサコは今夏、移籍金1800万ポンド(約28億円)でリヴァプールに加入。「フランス代表に復帰するために移籍を決断した」と、ユース年代から在籍するパリSGを退団した理由を語った。また、「リヴァプールでは、僕のポジションに優れた選手が多いが、健全な競争がある。パリでは複雑だったけどね」とも語り、パリSG時代には不満を抱えていたことも明かしている。

 サコは今シーズン、リーグ戦4試合に出場している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る