FOLLOW US

ベッカム氏、70億円の新居購入に向け“ベッキンガム宮殿”売却

ロンドン中心部に新居を購入予定と報じられたベッカム氏(右)とヴィクトリア夫人(左) [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 昨シーズン限りで現役を引退した元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏が、高級住宅街の北ロンドンのハートフォードシャー州にある邸宅、通称“ベッキンガム宮殿”を1200万ポンド(約18億7000万円)で売却すると、イギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 1999年にヴィクトリア夫人と結婚したベッカム氏は、同年に邸宅を購入。その豪華さからバッキンガム宮殿をもじった “ベッキンガム宮殿”とも呼ばれた。ベッカム一家はロンドンの中央部に4500万ポンド(約70億円)で新居の購入を予定しており、その購入資金に転用されると見られている。

 同紙は、ベッカム氏が決断した理由として「家族の新しい時代の始まり」として位置付けていると伝えた。ベッカム氏はアメリカのメジャーリーグサッカーで新規参入を予定しているフロリダのチームで共同オーナーを務めるのではないかと見られている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO