FOLLOW US

ウィルシャー同点弾のアーセナル、WBAとドローで首位キープ

同点ゴールを決めたアーセナルのウィルシャー [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 プレミアリーグ第7節が6日に行われ、ウェスト・ブロムウィッチと日本代表FW宮市亮所属のアーセナルが対戦した。宮市はベンチスタートだった。

 リーグ戦6試合を終えて5勝1敗、勝ち点15で首位のアーセナル。アウェーでの一戦では、メスト・エジル、ミケル・アルテタ、マシュー・フラミニらが先発出場した。

 先制点を奪ったのはウェスト・ブロムウィッチだった。42分、右サイドからモルガン・アマルフィターノがクロスボールを上げると、クラウディオ・ジャコブが頭で合わせてゴールネットを揺らした。前半はウェスト・ブロムウィッチが1点リードで終えた。

 後半に入って59分、アーセナルはアーロン・ラムジーに代えてトマシュ・ロシツキーを投入。打開を図ると、同点ゴールは63分に生まれた。ロシツキーが落としたボールを、ジャック・ウィルシャーが左足ボレーシュートで狙うと、相手DFに当たったボールがゴールに吸い込まれた。

 試合は1-1で終了。アーセナルが敵地で引き分けて、勝ち点1を獲得。首位をキープした。なお、宮市に出場機会はなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO