2013.10.02

マンU指揮官、チームの不調も「結果はついてくる。疑いはない」

モイーズ
シャフタール戦の前日会見に臨んだモイーズ監督 (C)ManUtd.jp

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは、2日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でシャフタールとアウェーで対戦する。

 試合を前に、前日会見に臨んだマンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督のコメントをクラブ公式HPが伝えている。

 リーグ戦では6試合を終え、2勝1分3敗で12位に位置し、国内では不調のマンチェスター・U。モイーズ監督は、「エヴァートンやプレストンにいた頃、現在と似た状況があった。自分の仕事を続け、適切な対応をするだけだ。やり方は変えていないし、今後も変わらない。結果はついてくる。そこに疑いは何もないよ」と、自身の仕事に集中していると強調した。

 ビッグクラブを率いるが故のプレッシャーも指摘されているが、「マンチェスター・ユナイテッドに関する事は、皆が興味を示す。世界中の人々の話題なんだ。偉大なクラブである証で、ここで監督をできることはとても名誉なことだ。(シャフタールのホームである)ドネツクの空港に到着すると、多くのサポーターに声をかけられた。素晴らしいことだね」と、負担にはなっていないとコメント。

 また、「選手たちを知り始めているところだ。もっと知らなければならない。今は段々良い感触を得始めている。一つだけ確かな事がある。それは全員がトップレベルの素晴らしい選手ということだ」と続け、チーム作りにはまだ時間がかかるとしつつ、選手のレベルには疑いがないことを強調した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る