2013.10.01

マンチェスター・U、オーストリアの若きDFに関心か

ヒンテレッガー
マンチェスター・Uなどから関心を示されていると明かしたヒンテレッガー(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 レッドブル・ザルツブルクに所属するオーストリアU-21代表DFマルティン・ヒンテレッガーが、同国メディア『Austria Press Agency』の取材に対し、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uから獲得について関心を示されていると明かした。

 アーセナルやリヴァプールなどからの関心も伝えられたヒンテレッガーだが、「マンチェスター・ユナイテッドや、いくつかイタリアのビッグクラブからの関心がある。名誉なことだよ。こんなに早く起きることだとは思っていなかった。僕の目標は常にレッドブルでプレーすることだったけど、それらの噂はお世辞のようなものだと思っている」と、具体的なクラブ名を明かし、関心を持たれていることを喜んだ。

 一方で、「代理人のフランク・シュレイアーとともに、トップチームへ移籍することで、どうなるか検討する必要がある。僕は夢を見る人間ではないし、それらのクラブがプレーするスペースのない興味深い選手を多数抱えていることもわかっている」と出場機会の減少が予想されるビッグクラブへの移籍には、慎重な姿勢を示している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る