2013.10.01

不振のマンU、今冬の新戦力獲得に向けて補強資金80億円準備か

モイーズ
今季からマンチェスター・Uを率いているモイーズ監督 [写真]=Man Utd via Getty Images

 イギリス紙『ガーディアン』は9月30日、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが、今冬に補強資金5000万ポンド(約80億円)を準備していると報じた。

 同紙は、デイヴィッド・モイーズ監督が、エヴァートン所属のイングランド代表DFレイトン・ベインズ、アスレティック・ビルバオ所属のスペイン人MFアンデル・エレーラの獲得のため、クラブのオーナーであるグレイザー家からの出資を期待しており、オーナー陣はプレミアリーグでの競争力を保つため、検討するであろうと伝えた。

 両選手の獲得については今夏も噂されていたが、実現には至らず。今冬にはベインズ獲得に2000万ポンド(約32億円)、エレーラ獲得に3000万ポンド(約49億円)を準備していると報じられている。

 マンチェスター・Uは今シーズン、プレミアリーグ第6節までを消化し、2勝1分3敗の12位と低迷している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る