2013.09.29

暫定4位のサウサンプトン、好調の要因を語る指揮官「信念がカギ」

ポチェッティーノ
サウサンプトンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表DF吉田麻也と日本代表FW李忠成が所属するサウサンプトンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チームの現状をクラブ公式HPに語った。

 28日に行われたプレミアリーグ第6節で、クリスタル・パレスを2−0で破ったサウサンプトンは、3勝2分1敗で暫定4位。ポチェッティーノ監督は好調の要因を以下のように述べた。

「信念がカギだと考えている。私は選手たちを信頼しているし、選手たちは自分のプレーを信じている。シーズンは長く難しいが、選手たちはどんなプレーを期待されているのか理解し、それを疑うことはないだろう」

 その一方で、ポチェッティーノ監督は対戦相手に警戒される今後は、これまで以上に厳しい戦いになると予想した。

「我々は懸命に戦い続け、全ての試合で勝利できると信じ続ける必要がある。私は現役時代にタイトルを獲得したことがある。その経験から言えることは冷静になること。そして、地に足をしっかりとつけることだ。今後は、対策を練ってくる相手と戦うことになるだろう。これまで以上に努力しなければいけない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る