2013.09.29

モウリーニョ、トーレスを退場に追いやったフェルトンゲンを批判

モウリーニョ
チェルシーを率いるモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 9月28日に開催されたプレミアリーグ第6節で、チェルシーはアウェーでトッテナムと対戦し、1−1で引き分けた。

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、インタビューに応じ、スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの退場について以下のようにコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

「フットボールはフットボールだ。時として理由がわからないことも起こるものだ。トーレスが退場するまで、私たちは良いパフォーマンスだった。しかしトラブルに巻き込まれた」

「審判が悪いとは思わない。確かに審判は間違った判断をした。しかし、彼は選手を信じただけだ。フェルトンゲンは手を顔にあて、さもトーレスに暴力をふるわれたかのように振る舞った。それをみれば、審判がカードを出すのは仕方がない。フェルトンゲンは試合を変えてしまった。私はハッピーではない」

 現在暫定3位チェルシーは、10月1日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節では、ステアウア・ブカレストとアウェーで対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る