FOLLOW US

今季初先発の宮市がフル出場のアーセナル、PK戦制しリーグ杯4回戦へ

PK戦を制し、喜ぶ宮市(右端)らアーセナルの選手 [写真]=Getty Images

 キャピタル・ワン・カップ3回戦が25日に行われ、ウェスト・ブロムウィッチと日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルが対戦。宮市は今シーズンの公式戦初先発となった。

 アウェーゲームに臨んだアーセナルは、前線に若手選手を起用。ワントップにはニクラス・ベントナーが入った。前半をスコアレスで折り返すと、アーセナルが61分に先制点を獲得する。ベントナーのスルーパスを受けたトーマス・アイスフェルトがワントラップから右足で決めた。

 一方のウェスト・ブロムウィッチも71分にサイード・ベラヒノが同点ゴールを奪い、試合を振り出しに戻すと、1-1のまま90分を終え、延長戦に突入する。延長戦ではウェスト・ブロムウィッチにチャンスが訪れるが、ものにできず勝敗はPK戦へ持ち込まれる。

 アーセナルは2人目のセルジュ・ニャブリが失敗したのに対し、ウェスト・ブロムウィッチは4人目のクレイグ・ドーソン、5人目のモルガン・アマルフィターノが続けて失敗。アーセナルがPK戦を4-3で制し、4回戦進出を決めた。なお、宮市はフル出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA