2013.09.25

40歳控えたマンUギグス「また30歳になるような気分で楽しみ」

今シーズンからはコーチも兼任しているギグス (C)ManUtd.jp

 マンチェスター・Uの元ウェールズ代表MFライアン・ギグスが、11月に40歳を迎える心境を明かした。クラブの公式HPが伝えている。

 ギグスは不惑を控え、「40歳はまた30歳になるような気分。だから楽しみだね」とコメント。「40歳になることを嫌がる人もいるけど、心配し過ぎないで楽しんで受け入れるしかない」と続けた。チーム最年長であるが自身の状態については、「年齢はあまり気にしていないよ。自分が今どう感じているかが重要で、そういう意味で調子が良いよ」と自信を示した。

 一方、「ここ数年での一番大きな変化は、試合後の体力回復にかかる時間だね。昔は試合翌日に軽いトレーニングをこなしていたけど、今はしっかりと2日休むようにしている。だから週3試合というスケジュールは僕には無理だね」と明かすとともに、20年以上のキャリアに思いも馳せた。

「最近はプレーを続けてきたことを客観的に見ることが多くなった。ニッキー・バットやポール・スコールズ、フィル・ネヴィルとともにプレーしたが、彼らは僕よりも若いのに既に引退していることを何となく思う。年上なのに、まだプレーしている自分が面白く思える時があるね」

 ギグスはマンチェスター・Uの下部組織出身で、1990-1991シーズンにトップチームでデビュー。以降、マンチェスター・U一筋で、900試合以上に出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る