2013.09.24

チームの現状を語るアーセナルDFサニャ「前を見続けている」

サニャ
チーム状況に言及するサニャ [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルのフランス代表DFバカリ・サニャが、チームの現状に対する考えを述べた。クラブ公式HPが伝えている。

 22日に行われたプレミアリーグ第5節のストーク戦に3−1で勝利したアーセナルは、リーグ戦開幕から4勝1敗と好調を維持しており、現在は首位に立っている。ストーク戦を振り返ったサニャは、好調の要因を次のように語った。

「僕たちはピッチで正しい振る舞いをしている。100パーセントの力で戦っているし、どんなことが起きても前を見続けている。決して簡単なことではないけれど、少なくとも僕たちは戦うためにここにいる。ストーク戦では、アーセナルの戦いを見せることができたと思う。これからも、もっと示していかなければいけない」

 また、ストーク戦で決めたヘディングシュートについては以下のようにコメントした。

「チームへのプレゼントだよ。僕が負傷した時、皆が助けてくれた。同じように僕が皆を助けることができれば素晴らしい」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る