2013.09.20

リヴァプールMFコウチーニョの離脱に指揮官「本当に不運だ」

コウチーニョ
指揮官が離脱を嘆いたコウチーニョ(左) [写真]=Getty Images

 リヴァプールのブレンダン・ロジャーズ監督は19日、負傷離脱者についてコメントした。公式サイトが伝えている。

 16日に行われたプレミアリーグ第4節のスウォンジー戦で肩を痛めたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは、最大6週間にわたってチームを離れることが決定している。チームの主力として攻撃面で貢献していた同選手の不在について、ロジャーズ監督は「1月に加入して以降は好調を維持していただけに残念だ。チームにとって本当に重要な選手だった。本当に不運だ」と語り、離脱を嘆いていた。

 コウチーニョは1月にリヴァプールへ加入し、昨シーズンは13試合3得点を記録。今シーズンはリーグ戦4試合に出場していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る