FOLLOW US

吉田麻也、再びベンチ外で4戦連続欠場…サウサンプトンはドロー

チャンスを逃し、顔を覆うオスヴァルド [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第4節が15日に行われ、日本代表DF吉田麻也、FW李忠成の所属するサウサンプトンとウェストハムが対戦。前節に今シーズン初のベンチ入りを果たしたものの出場機会のなかった吉田は、FC東京への期限付き移籍から復帰し、トップチーム登録された李とともにベンチ外となり、リーグ戦4試合続けて出場機会のないままとなった。

 試合は、アウェーゲームに臨んだウェストハムが序盤に攻勢をかけ、エリア内右サイドで仕掛けたモハメド・ディアメが角度のないところからシュートを放つが、GKアルトゥーロ・ボルツの正面だった。サウサンプトンも10分に左サイドを突破したジェイ・ロドリゲスのマイナスクロスにパブロ・ダニエル・オスヴァルドが合わせたがGKユッシ・ヤースケライネンに弾かれ、得点にはならず。前半はスコアレスで折り返す。

 後半立ち上がりの49分に、サウサンプトンはCKを得ると、ニアサイドに上がったクロスをリッキー・ランバートがダイビングヘッドで合わせたが、ポストを直撃してしまった。優勢に試合を進めるサウサンプトンは67分にもチャンスを迎え、ジェイ・ロドリゲスの右クロスを、エリア内でモルガン・シュネデランがボレーで狙うが、GKヤースケライネンの好セーブに阻まれた。72分には、エリア内左からランバートが右足でゴール右を狙うが、ここもGKヤースケライネンが抑えた。

 ウェストハムも84分にゴール前の混戦からジェームズ・コリンズにチャンスが訪れたが、エリア内ゴール正面で放ったシュートは枠を大きく越えてしまった。試合はそのまま終了し、0-0のスコアレスドローに終わった。

 サウサンプトンとウェストハムともに、1勝2分1敗の勝ち点5としている。次節はサウサンプトンがアウェーでリヴァプール、ウェストハムがホームでエヴァートンと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA