FOLLOW US

マンU監督、ヘッドバンド装着ルーニーに言及「レスリングのよう」

ヘッドバンドを着けてプレーしたルーニー [写真]=Getty Images

 14日にプレミアリーグ第4節が行われ、日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uはクリスタル・パレスと対戦し、2—0で勝利を収めた。

 マンチェスター・Uを率いるデイヴィッド・モイーズ監督は、この試合で2点目のFKを決めたイングランド代表FWウェイン・ルーニーについて言及した。クラブの公式HPが伝えている。

 額に裂傷を負っていたルーニーは、1日に行われたプレミアリーグ第3節のリヴァプール戦や、イングランド代表として臨む予定だったブラジル・ワールドカップ欧州予選を欠場していたが、クリスタル・パレス戦はヘッドバンドを着けてフル出場を果たした。

 モイーズ監督は「起用するかどうか難しい判断だったが、練習の時からヘッドバンドを着け、問題ないと話していたから起用した。レスリングの選手のようだったよ」と起用を決断した理由を明らかにした。

また、同監督は「後半は少し疲れていたようだが、ゴールを決め、動きのキレも戻ってきた」と付け加え、実戦から遠ざかっていたルーニーが、不安を払拭する活躍を見せたことに喜んでいた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA