2013.09.14

体調不良の香川は4戦連続欠場…マンUは開幕戦以来3戦ぶり白星

ファン・ペルシー
PKで先制点を決めたV・ペルシー [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第4節が14日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとクリスタル・パレスが対戦した。体調不良が報じられた香川は2戦連続ベンチ外となり、開幕から4試合続けて欠場となった。

 マンチェスター・Uは、頭部の負傷で代表戦を欠場したウェイン・ルーニーや、ロビン・ファン・ペルシーらが先発。今夏、エヴァートンから加入したマルアン・フェライニはベンチスタートとなった。

 序盤からサイド攻撃を中心に攻め込むマンチェスター・Uだが、なかなか決定機を作ることができない。39分には、ルーニーが右サイド後方からロングパスを送ると、ゴール前中央のV・ペルシーへピタリ。しかし、胸トラップからの強烈なボレーシュートはクロスバーをかすめてしまった。劣勢のクリスタル・パレスも42分に右サイドからのロングボールをエリア内左で受けたドワイト・ゲイルがリオ・ファーディナンドと入れ替わり、チャンスとなったが、角度のない場所からのシュートは枠の右へ逸れた。

 前半をスコアレスで折り返すかに思われた44分。マンチェスター・Uは、アシュリー・ヤングがエリア内で倒されたとしてPKを獲得。ファールをしたカギソ・ディクガコイが退場となる。PKはV・ペルシーが冷静に決めて、マンチェスター・Uが先制し、前半を終える。

 後半の立ち上がり、49分にマンチェスター・Uは、アンデルソンから縦に長い距離のグラウンダーのスルーパスが中央に送られると、A・ヤングが狙ったが、GKの正面を突いた。62分にマンチェスター・Uは、アンデルソンに代えて、フェライニを投入する。68分に相手DFのクリアボールを拾ったフェライニはミドルシュートを放ったが、相手GKのセーブに遭う。

 なかなか追加点の挙げられなかったマンチェスター・Uだったが、81分にゴール正面左でFKを獲得すると、ルーニーが直接ゴール左隅へ決めて、追加点を得る。ルーニーは今シーズン初ゴールとなった。試合はそのまま終了し、マンチェスター・Uが2-0で勝利している。

 マンチェスター・Uは、開幕戦以来、3試合ぶりの勝利となり、今シーズン初のホームゲーム勝利となった。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング