FOLLOW US

来夏でアーセナルと契約満了のヴェンゲル…決断は「急いでいない」

自身の去就について語るヴェンゲル [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、自身の去就に関してコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 アーセナルを率いて18年目となるヴェンゲル監督の契約は来夏まで。同クラブでの在任期間が最も長い指揮官だけに、今後の去就が注目されている。しかし、ヴェンゲル監督自身に焦りはない様子だ。

 同監督は「(契約延長に関して)急いでいない。今は9月。私の契約は(来年の)6月に終わる。道のりは長い。私はこれまでアーセナルで成功を収めたいと何度も話してきた。最後には『私はアーセナルで、どれだけ上手く仕事ができただろうか?』と座って考えるだろう。決断は、それで十分のはずだ」と語り、現時点では去就に関する決断を下していないことを強調した。

 8年にわたってタイトルから離れているアーセナルは、今シーズンのプレミアリーグで3試合を終え、2勝1敗の成績となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO