FOLLOW US

アーセナル移籍のエジル「ヴェンゲルからの信頼を感じている」

アーセナル移籍のエジルがコメント [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 レアル・マドリードから日本代表FW宮市亮所属のアーセナルへの加入が決まったドイツ代表MFメスト・エジルが、移籍の理由を語った。アーセナルの公式HPがコメントを伝えている。

 エジルは、移籍を決断した理由について、「まず、(アルセーヌ・ヴェンゲル)監督からの信頼を感じている。僕は本当に楽しみにしているんだ。監督とは電話で長時間、話をした。彼はそこで自らのプランを説明して、僕に信頼を示してくれた。それこそが、1人の選手として僕が求めているものなんだ」とコメント。新天地でのプレーについては、「(ドイツ代表でチームメートの)ルーカス・ポドルスキやペア・メルテザッカーとチームメートになれるのも楽しみ。すばらしいファンがいる事も聞いているし、街もチームもファンタスティックだ。本当に楽しみで仕方ないんだ」と、期待感を示した。

 現在24歳のエジルは、シャルケの下部組織出身で、2006年夏にトップチームに昇格した。2008年1月にはブレーメンに加入すると、2010年夏には南アフリカ・ワールドカップでドイツ代表として活躍したこともあり、レアル・マドリードに移籍した。初年度から中心選手として活躍すると、2011-12シーズンのリーグ制覇にも貢献。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場して9得点を記録している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO