FOLLOW US

アーセナル、レアルからドイツ代表MFエジル獲得…移籍金65億超か

アーセナルへの移籍が決まったエジル [写真]=Getty Images

 日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルは2日、レアル・マドリードからドイツ代表MFメスト・エジルを獲得したと発表した。長期契約を結び、クラブ史上最高額の取引になったことを併せて発表。イギリスメディア『BBC』などは移籍金が4240万ポンド(約65億5000万円)と報じている。

 エジルはクラブ公式HPを通じて、「プレミアリーグでプレーすることを楽しみにしている。選手としての成長にとっても大きなことだし、アルセーヌ・ヴェンゲル監督と仕事できることを特に楽しみにしている」と、喜びのコメントを寄せている。

 現在24歳のエジルは、シャルケの下部組織出身で、2006年夏にトップチームに昇格した。2008年1月にはブレーメンに加入すると、2010年夏には南アフリカ・ワールドカップでドイツ代表として活躍したこともあり、レアル・マドリードに移籍した。初年度から中心選手として活躍すると、2011-12シーズンのリーグ制覇にも貢献。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場して9得点を記録している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO