FOLLOW US

チェルシー移籍のウィリアンが抱負「自分の居場所を確保したい」

チェルシー移籍が決まったMFウィリアン(中央)が抱負を語った [写真]=Getty Images

 チェルシーは28日、アンジ・マハチカラから獲得することがすでに発表されていたブラジル代表MFウィリアンの移籍が、外国人労働許可証の交付を受け、正式に完了したと発表した。契約期間は5年で、背番号は「22」となる。

 移籍が決まったウィリアンが、クラブ公式HPのインタビューで、新天地での抱負を語った。

「全ての選手が競争に勝ちたいと思っている。これまでの経験が僕の助けとなるはずだ。僕はウクライナで多くのタイトルを獲得し、すばらしい経験をしてきた。ただ、チェルシーはタイトルの獲得に慣れている。偉大なクラブだ。僕の目標は、チェルシーで数多くのタイトルを獲得して、このクラブが勝者のメンタリティを持ち続けるための手助けをすること。成功を収めたい」

「チームの力になりたい。ハードな練習を望んでいるし、懸命にプレーして、自分の居場所を確保したいんだ。チェルシーは、すばらしい選手が揃う偉大なチーム。早く試合に出場してチームのためにベストを尽くしたい。その形は、ゴールであっても、チャンスの演出であっても、守備での貢献であっても構わないよ。すばらしいシーズンを送りたいと思っている」

 25歳のウィリアンは、コリンチャンスの下部組織出身で、2005年にトップチームに昇格。2007年夏にウクライナのシャフタールへ移籍した。2010-11シーズンにはクラブ初のチャンピオンズリーグ準々決勝進出に貢献。2013年2月にアンジ・マハチカラへ移籍したが、オーナーのスレイマン・ケリモフ氏が、積極的な資金投入からクラブ運営方針を転換したため、高額給与を受け取っている選手を今夏に次々と放出し、ウィリアンも移籍濃厚と見られていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA