FOLLOW US

移籍決定のエトー「イングランドでのプレーは夢の1つ」

チェルシーFWエトーがイングランドでのプレーについて語った [写真]=Getty Images

 チェルシーは29日、アンジ・マハチカラ所属のカメルーン代表FWサミュエル・エトーを獲得したことを発表した。契約期間は1年。

 移籍が決まったエトーが、クラブ公式HPのインタビューで、イングランドでのプレーについて語った。

 エトーは、「ジョゼ(モウリーニョ監督)が最初に(チェルシーで)監督をしていた頃を含めて、イングランドのチームに移籍する機会は何度かあった。だけど、様々な問題があって、移籍は実現しなかった。これまで様々な国でトロフィーを掲げる幸運に恵まれてきた。でも、イングランドでのプレーは夢の1つだった。過去に在籍したクラブと同様に、成功を収められたら最高だね。ただ、これが最後の挑戦だとは思っていない。今は、このクラブですばらしい時間を過ごしたいし、自分のフットボールを楽しみたいと思っている。チームと共に成功を収めたいね」と、意気込みを語った。

 32歳のエトーは、2009年夏にバルセロナからインテルに加入。初年度の2009-2010シーズンには、モウリーニョ監督の下、チャンピオンズリーグ、リーグ戦、カップ戦の国内3冠獲得に大きく貢献するなど活躍した。2011年にアンジに移籍。古巣インテルなどが獲得に関心を示していると報じられていたが、チェルシー加入が決まった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA