2013.08.18

新生マンU、連覇に向け快勝発進…香川欠場、ルーニーは途中出場

連覇に向けて快勝スタートを切ったマンチェスター・U [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ開幕節が17日に行われ、スウォンジーと日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦。香川はベンチスタートとなった。

 アウェー戦に臨んだマンチェスター・Uでは、香川の他、ウェイン・ルーニーもベンチスタート。先発メンバーには、ライアン・ギグスやマイケル・キャリック、ロビン・ファン・ペルシーらが名前を連ねた。

 デイヴィッド・モイーズ監督が新たに指揮を執るマンチェスター・Uだが、序盤は一進一退の攻防。マンチェスター・Uはファン・ペルシーやギグスら、スウォンジーもミチュらがシュートチャンスをつかんだが、先制点とはならなかった。

 互いに決め手を欠きながらも、34分にマンチェスター・Uが均衡を破った。中盤でギグスがゴール前に浮き球のパスを送ると、ファン・ペルシーが胸トラップから右足のボレーシュートを叩き込み、ゴールネットを揺らした。先制に成功すると、直後の36分にも追加点を奪う。左サイドからのクロスが逆サイドまで流れると、アントニオ・バレンシアがダイレクトでゴール前に折り返し、最後はダニー・ウェルベックが押し込んだ。

 2点リードのまま後半を迎えると、マンチェスター・Uは61分にギグスに代えてルーニーを投入。更なる点差拡大を狙うと、72分にファン・ペルシーがチーム3点目をマーク。中盤でルーニーからパスを受け、ペナルティエリア手前までドリブルで持ち上がると、左足で強烈なミドルシュートを叩き込んだ。
 
 マンチェスター・Uは、82分にスウォンジーのウィルフリード・ボニーに1点を返されたが、追加点は許さず、後半アディショナルタイムにはウェルベックが加点。敵地で4-1と快勝して、連覇に向けて開幕節で白星を挙げた。なお、香川は出場機会がなかった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る